俳句「とぼとぼと歩く、気乗り置く」

平成三十年六月十七日作

『とぼとぼと
  歩く道のり
   気乗り置き』

『重い空
  ひきずる心と
   どっち重い』

瞬訳:とぼとぼと歩く道のりはいつまで経っても到着せず、前へ前へと遠のいて行く



ザ・プリンス 軽井沢

ザ・プリンス 軽井沢

浅間山を遥かに望む軽井沢にいこいの場所がありました。
日本の西洋でした。 早くから、西洋の人々に愛され
自然と多くのいこいのあふれる場所でした。
その中でも森の緑に抱かれたザ・プリンス 軽井沢は
一度は行ってみたい憧れのホテルです。
軽井沢の大自然を窓から眺めながら、心和む時を過ごせる客室。
大きな窓から緑を望むファミリースイートやツインルームなど、
しつらえや旅の目的からお好みの一室をお選びください。